レッズランド

活動理念


《レッズランド活動理念》
1.「スポーツで、もっと、幸せな国へ。」〈Jリーグ百年構想〉を具現化するため、だれもがスポーツを楽しむことができる場を提供し、健康づくりを支援します。

2.ファン・サポーターやホームタウンの皆さまと連携したスポーツ・文化活動を通じて、地域での豊かな生活文化を創造します。

3.緑豊かな自然環境と共生し、次の世代に誇れるホームタウンを創ります。

浦和レッズは、Jリーグの理念である「Jリーグ百年構想〜スポーツで、もっと、幸せな国へ。」を具現化し、地域スポーツ文化を作り上げていくため、2005年7月、さいたま市西部の荒川河川敷に会員制のスポーツランド「レッズランド」をオープンしました。

浦和レッズはスタジアムでのエンタテインメントを通じて、「観る」「支える」スポーツの楽しさを提供しています。レッズランドは、さらに「する」「学ぶ」スポーツの場と機会を広げていく取り組みを行い、健全な青少年育成、生きがい創り、スポーツ文化の発展、振興に寄与していくものです。

自然あふれる14万平方メートルの広大なエリアに、緑とくつろぎを感じさせるスポーツランドを会員、ホームタウンの方々とともに作り上げていきます。ソフト面では、会員との双方向のコミュニケーションを重視したプログラムを展開していきます。

スポーツを通じた地域社会への貢献も大きな目的です。サッカーファンだけでなく、ファミリーや多くのスポーツ愛好者がレッズランドで集い、楽しみ、ふれあう。「子供からお年寄りまで」の幅広い層にその輪を広げていきます。

DSC_0141