レッズランド

施設の復旧状況について(2020/1/23現在)

2019年10月の台風19号により荒川本流から河水が流れ込んで水没(水深5〜6m)し、同時に大量の泥が堆積したため、レッズランドの施設は大きなダメージを受けました。被災以降、優先順位を決め堆積した泥の除去を行い、損傷した各施設の修復作業を行ってきました。スクールや一部施設の利用再開の実施にともない、現時点(2020年1月下旬)の復旧状況をお知らせします。

【施設全体・ライフライン】
・第1駐車場内に設置していた変電設備が水没したため、施設内への電気の供給がストップしています。2月下旬に仮設の電源が開通する見込みですが、全面復旧には時間を要する見込みです。
・循環式水洗トイレ(3棟)は水没したため、解体、撤去しました。当面は仮設トイレのみとなります。クラブハウスのトイレをご利用ください。
・動線や各競技施設内の泥の除去を優先して進めています。各競技施設の周辺にはまだ流れ込んだ泥が堆積しています。また、各競技施設から除去した泥を場内の数カ所に集積しています。集積した泥の搬出には時間を要する見込みです。
 

【テニスコート】
・ハードコート:泥の除去、清掃・消毒作業が完了しました。2/1(土)よりテニススクールおよび施設貸出を再開します
・クレイコート:泥が数センチ堆積しており、復旧までは時間を要する見込みです
 

【人工芝サッカー場・フットサル場】
・ナイター設備は電源や分電盤が水没したため、全面復旧には時間を要する見込みです。

人工芝サッカー場A2:ヨレや破れ、路盤の修復作業が1月下旬に完了する見込みです。当面の間、浦和レッズの育成部門およびレッズレディースの練習場として使用します。
 

人工芝サッカー場A1:泥の除去は完了しましたが、ヨレや破れ、路盤のダメージが大きく、復旧は今春以降の見込みです。
 

人工芝フットサル場S1-S4:ヨレや破れ、路盤の修復作業を行う予定です。
 

【天然芝サッカー場】
天然芝サッカー場F3(ラグビー場兼用):泥が2~8cm堆積し、大きなダメージを受けました。1月中旬までに表面上の泥の除去が完了。春より芝の再生作業に着手します。全面復旧には相当の時間を要する見込みです。
 

天然芝サッカー場FB1(野球場兼用):泥が2〜8cm堆積し、大きなダメージを受けました。2月上旬より表面上の泥の除去作業に着手します。全面復旧には相当の時間を要する見込みです。
 

【その他の施設】
・ミニサッカー場M2:泥が数センチ堆積しており、復旧までは時間を要する見込みです。
・デイキャンプ場:泥が数センチ堆積しており、復旧までは時間を要する見込みです。
・天然芝サッカー場F1(浦和レッズ専用):堆積した泥の表面を一部除去し、仮復旧しました。今後、土壌改良や芝生のリノベーション作業を行う計画です。
・天然芝サッカー場F2(ハイブリッド芝/浦和レッズ専用):地中にはベースとなる人工芝を敷設していることから、泥の除去方法を模索してきましたが、2月より小型の機械で作業を開始する予定です。今後、長期間の養生やリノベーション作業を行う計画です。全面復旧には相当の時間を要する見込みです。