レッズランド

11/10(土)「大人のためのサッカークリニック」レポート

11/10(土)秋晴れの下、“ゴール前の崩し”をテーマに土橋正樹コーチ(浦和レッズ・ジュニア)が指導するサッカークリニックが始まりました。

ウオーミングアップでは、動きながらボールの感触を確かめ、ディフェンスを付けたなかでボールポゼッションを行いました。

“ゴール前の崩し”を意識して、ディフェンスラインから前の選手にパスを当てて落とす、この繰り返しでチームとしてボールを前に運ぶ基本形を反復トレーニングしました。動きをカラダで覚えると、ダイレクトパスが続き、ボールがスムーズに前に運べるようになりました。

次はディフェンスをつけて、アタッキングサードからの攻撃の崩し方にチャレンジしました。3対2+1対1でピッチをセパレートし、まずはいかにフォワードにボールを入れられるか、フォワードに入ったあと数的優位な状況でゴールまでボールを運べられるか、ディフェンスとオフェンスの駆け引きや攻防を楽しみながら取り組みました。出し手と受け手のタイミング、パス精度、グループ全員の息が合ったときは、ダイレクトパスが混ざり、速いテンポでゴールにつながっていました。

今回は4対4でゲームを実施。トレーニングで取り組んだカタチが随所に表れていました。素晴らしいカタチでゴール前まで進んでも、フィニッシュの精度にかけるシーンが見受けられましたので、次回までシュート練習やキックの精度を高めるトレーニングを宿題にしたいと思います。

いよいよ今シーズン最後のサッカークリニックは、人工芝サッカー場でゲームDayです。1年間のトレーニング成果を発揮しましょう!
スケジュールは決まり次第、ホームページに掲載します。詳しくはこちら

日時     11/10(土)13:30~15:30
天気     晴れ
テーマ    ゴール前の崩し
ヘッドコーチ 土橋正樹(浦和レッズ・ジュニア)