レッズランド

7/7(土)「大人のためのサッカークリニック」レポート

7/7(土)、宮沢克行コーチ(浦和レッズ・ハートフルクラブ)をヘッドコーチに迎え、「クロスボールからのフィニッシュ」をテーマにトレーニングを行いました。
クリニックには、室井市衛コーチ(浦和レッズ・ハートフルクラブ)も指導に加わりました。

今回はクロスボールに対応するシーンが多いため、ウオーミングアップでは3人1組になり、浮き球を正確に捉えるトレーニングを行いました。
向かってくるボールに対して蹴り込むというよりも、芯をとらえて当てる意識をしました。

3対1のハンドパスでのボール回しでは、キックやヘディングでパスをつなげると1点といったルールでゲームを行いました。キックやヘディングを織り交ぜるためには、出し手はボールを投げる位置、受け手はどこにボールが欲しいかなど、お互いの意思疎通が必要です。

クロスボールからフィニッシュのトレーニングでは、まずはディフェンダーなしで向かってくるボールに対して正確にシュートを決めていきます。シンプルなトレーニングのなかにも、走り出しやゴールに入り込むタイミング、クロッサーとの連動など、意識することが数多くあります。

ピッチを狭めた4対4では、中央にセパレートを敷き、2対2+2対2に加え、両サイドにクロッサーを置いてシュートゲームを行いました。
ディフェンダーを付けたことでより実戦的なトレーニングとなりましたが、初めはクロッサーにパスを出すことに意識が集中してしまい、ディフェンスにとっては守りやすく、なかなかシュートシーンが見られませんでした。宮沢コーチから攻撃の優先順位とゴールへの意識についてアドバイスがあると、ボールを受けた瞬間からゴールを狙うシーンが増え、ディフェンスがシュートを警戒するようになったことでクロッサーからのクロスがより攻撃に活かされました。

最後のゲームでは、クロスボールに対してゴールに入り込むタイミングや緩急など、トレーニングで培った意識がプレーに表れていました。

今回のトレーニングでは、クロスボールからの動き出しの質を高めました。宮沢コーチがクリニックのなかで、なぜサイドが有効になるのか、また、サイドからのボールに対しての動き出しの質がゴールに繋がるキーポイントになるなど、W杯のゴールシーンを例に挙げてレクチャーしました。

次回の開催スケジュールは、決まり次第ホームページでご案内します。
厳しい暑さを乗り越えるためにも、体力強化に取り組みましょう!

日時  7/7(土)16:00~18:00
天気  曇り
テーマ クロスボールからのフィニッシュ
指導者 【ヘッドコーチ】宮沢克行(浦和レッズ・ハートフルクラブ)
    【アシスタント】鯵坂真人(浦和レッズ・ハートフルクラブ)