レッズランド

5/6(日)「蹴って、笑って、最高に楽しい1日」レポート

5/6(日)ゴールデンウィーク最終日、恒例の「~みんなのセパタクロー教室presents~ 蹴って、笑って、最高に楽しい1日」を開催しました。いつもセパタクロー教室に通っている方や初めて参加するファミリー11組21名が集い、セパタクロー教室で指導しているセパタクロー日本代表選手やコーチ陣と一緒にワイワイ楽しい1日を過ごしました。

今回は、参加者の半数が初めてセパタクローを体験される方でした。レッズランドでセパタクロー教室が開校してからセパタクローを習い始めたスクール生のみなさんは、リフティングでもお手本役になります。最初は硬かったカラダが今では驚くほど柔らかくなり、小さなボールを扱う柔軟性が身についてきました。
1時間ほどセパタクロー教室を体験し、そのあとは紅白に分かれてミニ運動会を実施しました。

第1種目は『セパタクローチャレンジ! 』。
チームごとに分かれ、セパタクローのボールを制限時間内にどれだけバケツに入れられるかを競いました。距離が近いので簡単に見えますが…これはとても難しい!

第2種目目は『みんなでジャンプ!』。
大縄跳びでチームごとに跳んだ数を競います。縄が長いので、回しているコーチ陣も大変! みんなもより高くジャンプします。この種目でさらにチーム力が高まりました。

第3種目は『走れ!レッズリレー』。
タオルマフラーやユニフォーム、フラッグなどの浦和レッズ応援グッズをバトン代わりにした早着替えリレーです。ユニフォームもシューズも大人サイズなので、子どもはパンツが下がらないよう支えながらブカブカのシューズでがんばって次の人にバトンをつなげていました。周りの人は2~3人がかりで着替えを手伝い、ここでもチームプレーが発揮されました。

4種目目は『ジェスチャー伝言ゲーム』。
お題を次の人へとジェスチャーで伝言します。途中でジェスチャーが「???」となりましたが、最後の回答者で正解したりと珍プレー・好プレーが続出しました。

最終種目は『チャンピオンシップ』。
子どもも大人もまざってフットサルで対決。白組は2戦とも勝利しないと優勝できないというビハインドのなか、勝ちたい気持ちが全面に表れたプレーで見事大逆転。
みんな全力で楽しんだ紅白対決はあっという間に終了。そのあとはレディアの森でカフェランチを楽しみました。

ゴールデンウイーク最終日にカラダを動かして楽しむレッズランドならではの1日になったのではないでしょうか。
運動未経験の方、なにか新しいことを始めたい方、家族一緒にカラダを動かしたい方、ボールコントロールが上達したい方、『みんなのセパタクロー教室』への参加をお待ちしています♪
詳しくはこちら

~セパタクロー教室~


~『セパタクローチャレンジ! 』~

~『みんなでジャンプ!』~

~『走れ!レッズリレー』~

~『チャンピオンシップ』フットサル対決~