レッズランド

12/16(土)「大人のためのサッカークリニック」レポート

12/16(土)、今回は2017年最後のサッカークリニックとなり、「2017シーズン蹴り納め! 人工芝サッカー場でゲームDay」を開催しました。
ヘッドコーチは、大槻毅コーチ(浦和レッズ・ユース監督)が務めました。さらに、今回はレッズユースからトップチームへの昇格が内定した井澤春輝(徳島ヴォルティスへ期限付き移籍)、荻原拓也、橋岡大樹の3選手がサプライズで参加しました。

ウオーミングアップでフリーランニングや3人組でのボール回しを行ったあと、たっぷりフルコートでのゲームを行いました。
恒例の浦和レッズのホーム&アウェイのユニフォームを参加者全員が着用し、レッズユース3選手も各チームにまざって試合を行いました。

試合のなかで、パスを受ける前の体の向き、出し手と受け手のアイコンタクト、「観る」ことの重要性など、1年を通じて継続的に指導してきたことはもちろん、コンビネーションやサイドからの崩しなど、各月のテーマのなかで身に付けたスキルを、参加者それぞれ惜しみなくプレーで表現していました。
レッズユースの3選手は厳しいシーズンが終わり、リラックスした様子。いつもとは異なるポジションでプレーしたり、ラインコントロールでチームの守備をまとめたり、後方から鋭いロングフィードで何度もチャンスを作ったり、風格あるプレーで試合が締まりました。

試合は取っては取り返しの一進一退の展開が続き、終了のホイッスルが鳴るまで勝敗がわかならい白熱した展開となりました。結果は4対3でホームのユニフォームを着ていたチームが勝利。25本×3本の長い試合が終わった瞬間、疲労で座り込んだり膝をつく方が見られ、力を出し切り満足気な表情を浮かべて自然とお互いを称える拍手が巻き起こりました。

この日1年ぶりに担当した大槻監督は、試合内容、そしてこの1年間の参加者の成長に驚いた様子でした。今年のクリニックでは、毎月欠かさず参加した方が多く、各月の担当コーチからたくさんのことを学び、吸収していただきました。技術面や戦術面だけでなく、トレーニングへの意識や考え方など、サッカーに対する姿勢や気持ちの部分も学びました。

来シーズンも1年を通じ、さまざまなテーマでクリニックを行っていきます。サッカーが上手くなりたい! サッカーを深く知りたい! 浦和レッズのコーチから指導を受けたい! という方、いつでも参加をお待ちしています。レッズランドで一緒にサッカーを楽しみましょう!
次回のスケジュールは決まり次第、ホームページに掲載します。
「大人のためのサッカークリニック」詳細はこちら

〈集合写真〉(クリックすると大きなサイズの写真が開きます)

日時  12/16(土)14:00~16:00
天気  晴れ
テーマ 2017シーズン蹴り納め! 人工芝サッカー場でゲームDay
指導者 【ヘッドコーチ】大槻毅(浦和レッズ・ユース)
    【アシスタント】鯵坂真人(浦和レッズ・ハートフルクラブ)