レッズランド

8/12(土)「大人のためのサッカークリニック」レポート

8/12(土)、今回のテーマは「サイドからの崩し」、ヘッドコーチは土橋正樹コーチ(浦和レッズ・ジュニア)が務めました。

最初のウォーミングアップでは、4分割したグリッド内で3対3+サーバー3でのボール回しをハンドパスで行いました。
4分割した区画内には1人しか入れないというルールのなかで、始めはパスが繋がらないことが多かったですが、土橋コーチから「見ること」の重要性のアドバイスが入ると徐々に味方の動きやディフェンスを見ながら動き出しやパスを選択するようになりました。
常に周囲の状況を把握し、瞬時の判断を要する難しいハンドパスゲームでしたが、次第に連動した動きが生まれ、パスがつながるようになりました。展開が非常に速く、頭のトレーニングにもなりました。

次はクロスからのシュート練習。自分のタイミングだけで動き出してしまうとクロスとのタイミングが合わないため、キッカーの状態を確認してからニアサイドやファーサイドに動き出すことを意識しました。
ディフェンスも入れ、オフェンスは相手の前に入るのか裏をとるのか、ディフェンスとの駆け引きも加えたトレーニングを行いました。

両サイドにサーバーを置いた3対3のトレーニングでは、サーバーをうまく使いながらゴールを目指しました。
フリーマンがいるからといって最初はサイドにこだわり過ぎてディフェンスにボールを奪われるシーンが多かったですが、土橋コーチから攻撃の優先度の指導が入ると、まずセンターを狙って厳しい場合はサイド、と狙いをもってゴールを目指すようになりました。
最初にセンターを狙うことで両サイドが空き、よりサイド攻撃が活きるようになりました。

最後のゲームでは、今回トレーニングしたサイド攻撃から得点を奪うシーンがたびたび見られました。今回は「サイドからの崩し」がテーマでしたが、どのような状況でサイドを使えば有効か、まずはセンターを優先してゴールを狙うなど、チームとしてさまざまな選択肢のなかで狙いを持って攻撃することを体感したトレーニングとなりました。

次回の開催は9月30日(土)15:00~17:00、金生谷仁コーチ(浦和レッズ・ジュニア)がヘッドコーチを務め、「天然芝サッカー場でゲームDay」を開催します。天然芝ピッチでのゲームを通して日ごろのトレーニング成果を発揮しましょう!
詳しくはこちら

日時  8/12(土)16:00~18:00
天気  曇り
テーマ サイドからの崩し
指導者 【ヘッドコーチ】土橋正樹(浦和レッズ・ジュニア)
   【アシスタント】鯵坂真人(浦和レッズ・ハートフルクラブ)